HOME

不動産の査定価格は売却価格ではない

お洒落な家

一戸建てやマンションなど不動産を売却する場合、たいていの人はまず不動産会社に査定してもらいます。その査定額は、様々な情報を集めたうえで決定されます。まず重要なのは、「周辺の相場」です。これは、物件の売り出し価格や、その地域もしくは条件が似ている地域での取引事例などを参考にして決められます。
次に重要なのは、「物件の条件」です。これは、立地、広さ、周辺の環境、設備の状態など、個々の物件によって変わってきます。
そして、「営業力」。これは、不動産会社の集客力やプレゼン力などのことです。これらの能力が高ければ、その分査定額も高くなりますが、「その会社はどのような地域に強いか」ということなども絡んできます。
最後は、「意欲」。当然ながら、査定を依頼したら相手はその案件を担当したいと思うので、たいていの会社は少し高めの査定額を出してきます。こういったことを考慮して査定額が決まるわけですが、それは「必ずしもその額で売れる」というわけではありません。
上記のとおり、査定額は高めに出されるということも理由の一つですが、もう一つは「そもそも査定した会社が買うわけではない」ということです。あくまでも、「このくらいの金額なら売れるだろう」という物なので、最終的には自分で判断することになります。

recent contents

不動産の査定価格は売却価格ではない

一戸建てやマンションなど不動産を売却する場合、たいていの人はまず不動産会社に査定してもらいます。その査定額は、様々な情報を集めたうえで決定されます。まず重要なのは、「周辺の相場」です。これは、物…

お洒落な家

»more

不動産の査定は一括査定サービスの利用が便利

不動産を売却する際に悩むのが、「いくらぐらいで売れるのか分からない」ということです。ですから、たいていは不動産会社に査定してもらうのですが、それよりも便利なのが「一括査定サービス」です。これは、…

家並み

»more

住宅購入の際の不動産会社の選び方とは

人生で最大の買い物とも言える不動産。特に住宅は長年住むもので、子孫にも伝える可能性があるもの。大抵の場合、住宅購入には不動産会社のお世話になると思いますが、選んだ不動産会社によっては住宅の程度や…

素敵な家

»more

不動産の売り出し物件が多い時期はいつ?

アパートや賃貸マンションの場合、転勤などのタイミングに合わせて4月の少し前、2月中ごろから徐々に増えていきます。これらの物件の竣工も4月に合わせることが一般的です。一方、分譲住宅や分譲マ…

大きな庭のある家

»more